脳血栓と心筋梗塞

脳血栓と心筋梗塞

トップページ > 脳血栓と食事

脳血栓と食事

脳血栓と食事の関係について考えてみましょう。血栓とは血管が詰まること
です。脳だけに詰まるわけではなく、体中のどこでも危険性は同じなのです。
しかし、血栓によって引き起こされる症状の影響度合いから脳血栓が重要視
されるのです。脳血栓によって脳梗塞になります。
脳細胞が壊死するために、命は助かったとしても重い後遺症となるのです。
脳血栓の危険因子はいろいろなところで知ることができます。インターネッ
トや定期健康診断などでも啓発のパンフレットを見たことがありませんか。
高血圧、高脂血症、糖尿病、肥満などは血栓ができやすいものです。これら
を避ける食事が血栓を避けるものと考えてよいでしょう。血液中の血栓を溶
かす食材もわかっています。納豆などの大豆食品、玉ネギ、海藻類が効果は
高いようです。
それほど難しいことではありませんね。脂っこい食事を摂るような人は要注
意ですね。食生活は日本型から欧米型へと移行していると言われています。
それによって病気の種類も欧米に近くなっているのです。食生活が病気を引
き起こしていると言っても過言ではないのです。毎日の食事で何を食べるか
はとても重要です。それが健康にかかわっているからです。

それでも、多くの人は不健康な食生活を送っています。ファーストフードが
健康に悪いとわかっていても、おいしいですから食べてしまうのです。
現在の高齢者よりも若い世代に危険性が高いと考えてよいでしょう。あなた
も自分の食生活について振り返ってみてはどうでしょうか。
脳血栓と食事